働く主婦が直面する!仕事と介護を乗り切る方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働いている主婦が感じている親や家族の介護についての本音

百乃(ももの)です。

私はアラフォーの主婦ですが、先日友達とランチに行った時の話のほとんどが

・子ども・家族
自分の体調
親の介護

・・のことだったんです。

昔は趣味や仕事、子どもの話題が多かったんですが、最近は自分の体調や親の介護の話が増えたことに

「お互い、年を取ったって実感するよね~

と笑いながら別れたんですが、少しずつ迫ってきている危機を感じずにはいれませんでした。

同じように多くの主婦の方たちも年齢を重ねるにつれ、自分の体調や親や家族の介護について不安を感じていたりするかと思います。

もし親や家族が要介護の状態になったら

仕事はどうしよう
お金はどうしよう
・自分に介護ができるのだろうか

・・などといった気持ちがあるかもしれません。

でも、やっぱり親や家族は大切なので、

ちゃんと介護してあげたい
傍にいてあげたい

・・などという気持ちも強いかと思います。

( いつか来るその時に傍にいていてあげたい )

働く主婦が仕事と親や家族の介護の狭間で思うこと

ただ、親や家族に付き添って介護してあげたい気持ちはありつつも、ご自身が生活したり親や家族の介護費用などを得る為には仕事を続ける必要があるので

仕事を簡単に休めない
・仕事中でも親や家族のトラブルに対応しないといけない
・職場の理解が得られない(急な休みなど迷惑をかけてしまう)
他の家族の理解・協力が得られない

・・など、こういった悩みはつきものかもしれません。

働く主婦を取り巻く仕事と介護の実態

実は介護は、子どもの育児病気・ケガと併せて、就業を阻む三大要因と言われています。

仕事と介護の両立に関する実態把握のための調査研究事業報告書(厚生労働省委託)では、介護で離職した人の離職理由として、「仕事と「手助け・介護」の両立が難しい職場だった」ことが最も多く、約6割を占めているんです。

このほか、「自分の心身の健康状態が悪化したため」「自身の希望として「手助け・介護」に専念したかったため」などが上位に挙がっています。

では、介護離職を選択する時には、どのようなメリットとデメリットがあると考えられているのでしょうか?

介護離職の主なメリット

・心身の負担が軽減できる
・介護費用を軽減できる
・自分(介護者)あるいは親(要介護者)が希望したとおり介護に専念できる

介護離職のデメリット

・自分(介護者)の収入が減少する
・好きな仕事、やりがいのある仕事を続けられなくなる
・介護に掛かりきりとなり、自分の自由な時間が確保できなくなる

・・などが挙がるかと思います。

ただ、介護離職することで、介護者の心身あるいは経済的な負担が軽減できるはずだったのに、実際には、精神面・肉体面・経済面すべてにおいて、離職後に「負担が増した」と感じている方が多いようです。

普段、多くの要介護者やその家族と接する機会の多いケアマネジャーからお話を伺うと、「介護離職しても何も変わらない」という現状があるそうです。

それどころか、仕事を辞めて収入が減ったことで、使える介護サービスを絞らざるをえなくなり、体力的にも精神的にもストレスが貯まっていく方も少なくないということです。

( 介護は家庭にとって切実な問題・・ )

つまり、収入によほど余裕がない限り、介護で仕事を辞める選択をする前に、

・今の仕事で働く条件を変更できないか
介護休暇を活用できないか
・介護と仕事を両立できるような仕事に変わる

・・など、収入を得る方法を考えてからのほうがいいのかもしれません。

働いている主婦が仕事と介護の両立を乗り越えるために

では一体、どうしたら収入を得つつも親や家族の介護の時間を確保して行く事ができるのかといった事ですが、以下の事は必須かと思います。

在宅で働けるようにする
働いてない時にも収入が入るようにする

上記の2点が実現できれば、親や家族を側で見守りつつも収入を得る事ができますし、親や家族が入院してしまって仕事ができない時でも、振り込まれる収入があるので安心です。

なので、将来、親や家族の介護が必要になったとしても、

・仕事はどうしよう
・お金はどうしよう

という不安とは無縁の状況を、今のうちに作り上げておくことをおススメします。

働いている主婦が仕事と介護を両立できるようにする方法とは

収入を得つつも親や家族の介護の時間を確保して行く事ができるようにするために、“在宅で働ける”ようにする必要があると言いましたが、いきなり、“在宅で働く”といってもピンとこないかもしれません。

私も、雇われて働いていた時は、在宅で働くなんて考えもつきませんでした

でも、病気によって思うように働けなくなって、“在宅で働く方法を色々調べていくうちに

・投資(株式・FX・不動産など)
・ネットビジネス(フリマ・せどり・ネットショップ運営など)
・自宅開業(サロン・学習塾など)
・クラウドソーシング(データ入力・ライター・プログラマーなど)

・・など、いくつかの方法を見つけたんです。

でも、

・投資系・自宅開業系はかなりの自己資金が必要…
・ネットショップは知識もなければ仕入れや在庫を抱えるなどのリスクがある…
・クラウドソーシングは知識やスキルがないと作業時間の割に単価が安い

といった事があるのであまり現実的ではありませんでした。

その中で、在宅で安定して長期的に収入を得ていくことを目指すには

ネット上に資産を残していく

という方法が理想的だとわかったんです。

つまり、

ネットでサイトを運営して、ネット上に作成した資産となるサイトから不労所得を得る

という事です。

( ネットで可能性を拡げていく )

ネットでサイトを運営するなんて

「難しそう…」
「自分にできると思えない…」

という声が聞こえてきそうですが、私自身も最初知った時は同じように思っていたんで、その気持ちはよくわかります。

でも、私自身が実践していく中で感じたのは、

不安や恐れに負けてやらないなんてもったいない

ということなんです。

実際、ブログやサイトを仕事として取り組んでいる人はいますし、主婦やサラリーマン・高齢者であっても資産となるサイトを持っている人もいます。

私の知っている人の中には、難病で働けなくなって収入が0になったのをキッカケにネットでサイトを運営して現在はかなりの収入を得ている人がいます。

(外出もできず、自分のパソコンすらもっていなかった状態からスタートしたそうです。)

実は、あなたがネットで検索した時に出てくるサイトはほとんど一般の人が作成したサイトなんです。

そのサイト1つで、多い人なら月収1000万円を超えて収入を得ていると知った時は、とても驚きました。(正直、羨ましいを超えて、未知の世界過ぎて怖く感じるくらいでした。)

もちろん、サイトを運営したからと言って、いきなり月収1000万円といった金額は現実的ではありません。

でも、月収5万円くらいのサイトであれば誰でも簡単に作成できるレベルだと思います。

今の収入に月5万円が増えれば、単純に5万円家賃が高い場所に住む事もできますし、食事をワンランクアップする事もできるんじゃないでしょうか?

他にも月5万円の不労所得があれば

・温泉やディズニーランドなど旅行にいける
・子供が希望した教育・習い事をさせてあげられる
自分へのご褒美(エステやランチ、趣味など)

といった事も実現できるはずです。

もし、親や家族の介護が必要になっていたとしたら、その5万円で介護サービスを利用して、介護の負担の軽減をすることもできるんです。

( お互いに余裕が生まれ 穏やかな時間を過ごせる )

月5万円のサイトも複数作ればそれなりの金額になりますし、

5万円×2サイト=月収10万円
5万円×3サイト=月収15万円

といった感じで、確実に収入を増やしていく事はできるんです。

しかも、1度作成したサイトは勝手に収入が発生するので、基本的に放置してもOKで、不労所得が得られるようになります。

なので、あなたが満足いく収入を実現できる数のサイトを作成すれば、

・旅行にいく
・趣味に没頭する
・女子力アップを目指す

・・など何でもしていてOKなんで、毎日を楽しく充実させていくことも可能なんです。

月収5万円くらいのサイトを作成するのは難しい事ではないので、コツコツと作業をして自分の将来を明るくしましょう

実際に私も、

・子育て中
・体調が悪い日には寝込んで何もできない難病持ち
・パソコンに対する特別な知識もスキルもない
・病気の治療でお金がかかる

といった感じで、取り柄のない主婦で家族のお荷物 でした。

理解力がなくすぐ勘違いするし、やる事もとろく落ち込んではウジウジしてしまうので、自分で収入を得られるような人間ではなかったんです。

でも、そんな私が、

子供が学校に行っている間に作業をする
体調がいい日に作業をする
・家事のスキマ時間に作業する
・パソコンに徐々に慣れていく

といった状態でも、自分のペースでコツコツと作業することで資産となるサイトを作成し見事に 取り柄のない主婦で家族のお荷物 を脱出する事ができました。

( マイナスから解放される喜び )

私にできたのですから、きっとあなたにもできるはずです。

実際に私が取り柄のない主婦で家族のお荷物を脱出し、扶養控除内のパートを越え、正社員以上に収入を得る為にやった事を以下のメール講座で詳しく発信しているので是非読んでみてください。

⇒無料講座の内容を確認してみる

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

ネット在宅ワークやこの記事の内容での疑問など質問がありました以下からお問い合わせくださいね。
感想なども大歓迎です。

⇒百乃に問い合わせる

この出会いが、あなたの人生を好転させるきっかけになってくれれば幸いです。

百乃(ももの)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA