主婦に知ってほしい!教育費の賢い対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

教育費は悩みのタネ!と嘆きたい主婦の本音

百乃(ももの)です。

私には中学3年生と小学6年生の子どもがいるんですが、進学を控えていて教育費が気になるところです。

同じように、子育て中の主婦にとってどもの教育費は気にされている方は多いかもしれません。

特に近年、給料はほとんど上がらなくなってきたのに教育費は上がり続けていているという、教育費が家計を圧迫する構図が出来あがっているんです。

でも、やっぱり親としては子どもにできるだけの教育をしてあげたいと思うので

・習い事や塾などに行かせてあげたい
・体験学習などを色々な経験をさせてあげたい
・子どもが行きたいという学校に行かせてあげたい

・・などといった気持ちがあると思います。

( 子どもの可能性の芽を育てていく )

ただ、子どもにできるだけのことをしてあげるためには必要な教育費を用意する必要があるので

今の収入では足りない
教育資金を準備できるか不安
・実際、いくら教育費が必要なのかわからない

・・など、こういった悩みが尽きないかもしれません。

主婦に知ってほしい教育費のあれこれ

では、実際、いくら教育費が必要なのでしょうか?

よく「1人1,000万円以上かかる」と言われますが、実際にどれくらいかかるのかは、子どもの進路によって大きく違います。

おおよそですが、

幼稚園~高校まで全て公立の場合:550万

高校だけが私立の場合:720万  
     

中学・高校が私立の場合:970万

幼稚園~高校まで全て私立の場合:1780万

という試算がでてきます。

2020年からは高校実質無償化が始まるからもう少し教育費が減るのでは?と思われるかもしれません。

しかし、この制度は所得制限などがあり、必ずしも無償とは限りらないですし、ずっと続く政策である保証はないんです。

また、無償化の対象は入学金・授業料にあたる部分で、修学旅行・学園行事などは含まれていません。

最近は修学旅行もグレードアップしている私立が多く、後から出てくる経費も大きな負担になりかねないんです。
(修学旅行の費用が言えないのは内容変更の可能性もあるからとも言えますが・・)

高校によりますが、無償化の対象は基本の授業数に対してだけで、学校独自に行っている追加授業に対しては実費を取るという学校もあります。

色々な条件やわかりずらい点もあるので、無償化だからと安心せず、教育費を考えていくほうがいいと言えます。

次にくる教育費が大学進学になるのですが、大学の進学率は50%を超えていて、2019年度の大学等進学者数は58万にも登ります。

大学進学する場合には大学4年間でかかる費用

国公立:457.5万円
私立文系:675.5万円
私立理系:818.0万円

と高額になっているんです。

医療系大学はさらに学費が高く、特に薬学部や医学部に在学期間が6年間のため、より費用がかかります。

教育費の額を考えるだけで、頭が痛くなってきそうですね。

さらに気を付ける点が・・

それが、中学3年生と高校3年生なんです。

当たり前ですが、受験を控えて塾や受験料など教育費が跳ね上がり、さらに入学金や入学準備で100万単位のお金が必要になってくるので、準備しておかなければなりません。

準備ができていないと、ゾッとします・・

なので、事前の準備がきっちりしておいて、子供の進学の希望を叶えてあげれるように備えていきましょう。

( 備えあれば患いなし )

主婦に知ってほしい!教育費を貯めるおススメの時期

実際、教育費を準備しておくといえば、

貯金する
学資保険に入る
・親からの援助

・・などがあるかと思います。

特に、学資保険に入る方が多いのではないでしょうか?

もちろん学資保険もいいのですが、低金利の今だと長期に支払いを続けていってもあまり利息は大きくありません。

また、学資保険の支払いは中学・高校とお金のかかる時期にも続くので、学資保険代が家計への負担になることが意外と多いんです。

なので、もし大学費用の準備のために学資保険に入るか悩んでいるのなら、

小学校卒業までに子どもの大学費用を貯める

という方法をおススメします。

少し頑張らないといけないかもしれませんが、小学校卒業までの間は1番出費が少なく、お金を貯めやすい時期になるんです。

その時期に貯めておくことで、中学・高校と費用が掛かる時期を乗り越えやすくなります。

また、そのお金をを資産運用することも可能なんです。

ただ、資産運用する時はリターンとリスクをしっかり考えたうえで行ってくださいね。

この記事では、教育費についてお話しさせていただきました。

“人間の行く道、
めったに一本道であることはありません。
必ず分岐しています。
右に行くか、
あらゆる局面で人は思い悩み、戸惑います。
その時、助けになるのが「知」なのです。”

~中国の作家、孔子の子孫:孔健~

( 自分の“知”が自分の運命を決めていく )


教育費って本当に高いです。

でも、お金だけのために必要な教育の機会を奪われることはとても残念なことです。

私は全ての子どもにできるだけ学ぶ機会を与え、子供たちの未来がより明るいものになることを願っています

この記事の内容での疑問など質問がありました以下からお問い合わせくださいね。
感想なども大歓迎です。

→百乃に問い合わせる


最後に・・

教育費を準備する大切さについてお話しさせていただきましたが、

・今の収入では教育費をためる余裕がない
・もっと教育費を貯めたい

・・など、教育費が貯めることができるか不安に思っている方もいるかもしれません。

( お金がない・・を解決できない )

もし、収入に不安があり、もっと教育費をためるために家庭の収入を増やしたいという方は、

仕事を増やす
節約をする
投資をする
在宅ワーク

・・などの方法を検討されるのもいいかと思います。

ただ、仕事を増やすと時間と体力的な負担が大きく、現実的ではありません

節約も収入が増えるわけではないので、教育費を貯めるには限界があります

投資に至っては、リスクがあるのである程度の知識がない方にはおススメしません。

在宅ワークには色々な種類がありますので、自分に合った在宅ワークを見つけるのもいいかと思います。

在宅ワークは、実際に取り柄のない主婦で家族のお荷物だった私が、扶養控除内のパートを越え、正社員以上に収入を得られるようになったお仕事です。

在宅ワークについて以下の記事で詳しく発信しているので併せて読んで頂けたらと思います。

→“主婦に人気の在宅ワークが気になる!”を読む

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

この出会いが、あなたの人生を好転させるきっかけになってくれれば幸いです。

百乃(ももの)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA